つくば市 柿本ハウジング

筑波大学周辺のインターネット無料アパート

TEL.029-858-6685    
FAX.029-858-6687

Adress.〒305-0005 茨城県つくば市天久保3-9-3
Email. info@kakimoto-h.com

ブログ
柿本ハウジング公式キャラク 柿本ハウジングのブログへようこそ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

柿本ハウジング公式キャラクター



こんにちは。柿本ハウジングです。

柿本ハウジングの公式キャラクターが現われたかもしれません!!
まだ(仮)の状態ですが、さっきからそれらしき者がちょいちょいこっちを覗いているので少しだけ出してあげようと思います。

柿本ハウジング公式キャラク

かきもと君(仮)

まだその生態は明かされていません。わが社のKさんは「柿のヘタがついてるやつ」と呼んでいたので、とりあえず「なにか」が柿のヘタをかぶっているようです!

あっ、挨拶したいと言っている。

どうぞよろしく

礼儀正しい。どうぞよろしくと言っています。

これから社内にてSPIや面接を行い、きちんとその素性を明かした上で正式に発表いたしますので乞うご期待ください。


ルーシー・リーのこと。



いやはや。しばらく更新しないうちにあっというまに梅雨にもなりましたし、7月にもなりましたし、おとといすでにセミがないているのもききました。

こんにちは。柿本ハウジングです。

6月に書こう書こうと思っていて結局書けずにいたことに、ルーシー・リーのことがあります。

ルーシー・リーはウィーン生まれのロンドンで活動し続けた陶芸家です。
バーナード・リーチなどにも認められ、日本の民芸にも共通するような、素朴でマットな、王室で使われるようなキンキンピカピカでない、あまりヨーロッパぽくない陶器をつくりました。

六本木の国立新美術館で何年か前に展覧会が開催されましたが、当時私はそのことを知らずにいて、後に、本屋でその図録を発見し、「なんと素敵な…」と感激してその展示に行けなかったことを深く悔やんでいました。

そして先月6月。その、ルーシー・リー没後20年ということで、再び展覧会が開催されたのですが、それがなんと笠間で!それでもちろんみに行ってきたのですが。

あんまりに良くてかわいくて、全てが良すぎて粉々に吹っ飛びそうでしたわたしが。ガラスをブチ破って持ち去れたらどんなに幸せかと思いました。それは高価だから、というわけではなく、普段使いにできそうな感じだからだと思います。陶器は使われてこそ!だと思うので。

img_slide_02 代表的な作品。ルーシーはよくピンクを使います。自分のレシピノートがあって、土の調合の比率だとか釉薬だとか温度だとか、納得のゆくピンクをだすために試行錯誤しながらつくっていったようです。

4582964629 この「かきおとし」という線を入れる技法もルーシーのオリジナル。

large lucie-rie-pottery-art5

とにかく色あざやか!

19b_lucierie_buttons-587x400 戦争中は陶器のボタンを作っていました。このめくるめくボタンを前にもうわたしは卒倒。

20141010lucierie07 作陶するルーシー。美しくてかわいいおばあちゃん。

上半期最大の満足でした。多幸。下半期にこれを越せる何かがある気がしません。

みなさんも是非!といいたいところですが、笠間ではもう終了してます。
つぎは千葉市美術館でやるようですので、千葉なら是非!


家シリーズ3『高崎哲学堂』



こんにちは。
筑波大学周辺の賃貸物件でお馴染み、柿本ハウジングでございます。

わたしは「平屋」という建物がとても好きです。
昔は一般的であったろうこの建物も戦後は団地や建売のマイホームなどで高層や二階建てが普通になってしまいました。

さて、家シリーズ3は群馬県は高崎市の『高崎哲学堂』です。

実業家井上房一郎の自邸であったあこの建物は、見事な平屋で、シックな木造であり、庇が深く、とても直線的なデザイン、そして素敵なパティオがついている、オーサムな建築であります!

高崎哲学堂1 高崎哲学堂(旧井上房一郎邸)

実はこの家、もとはもうひとつ同じものがありました。
それは、建築家アントニン・レーモンドの自邸。
レーモンドは日本の帝国ホテルを建築するため来日し、以来日本にいついてしまったのです。
彼は日本に多くの建築を残すと同時に日本の建築家に大きな影響をあたえました。

そのレーモンドの自邸兼事務所が麻布笄町にあったそうです。しかしこの家は戦火で焼けてしまいました。これをまるまるコピーしたのが、現高崎哲学堂です。

レーモンドと交流のあった井上房一郎は、レーモンドの家の図面を借りて自邸を建てました。これは井上とレーモンドの友情の証でもあります。図面をそのまま使わせてくれたのですから。

高崎哲学堂5 全体像。この無駄のないフォルム!
この家の大きな特徴でもあるパティオ。そのまま右の寝室へとつながっていてとても気持ちよさそう。 高崎哲学堂4

とても日本的にみえるこの平屋建ての家。これが実は西洋人によって設計されていたというのは面白いと思いませんか。立派な西洋式建築をたくさん建ててきた偉大な建築家は実は日本でこんなにもつつましい平屋に住んでいたのです。

アントニンレーモンド1 パティオで楽しそうに食事をするアントニン、ノエミ・レーモンド夫妻。

なんだか日本の平屋が認められているようで、えらいように思えて、うれしい建築です。


中国人のこと。



こんにちは。
筑波大学周辺の賃貸物件でお馴染み、柿本ハウジングでございます。

つくばを歩いていると実に多様な肌の色の人間を見ることができますね。

わたしが今住んでいるマンションにもたくさん海外の方が住んます。おかげでこの一年、元隣人のスペイン人、メキシコ人、コートジボワール人、中国人をはじめ、さらにそのお友達のペルー人、ハンガリー人、トルクメニスタン人なんかともお友達になりました。

さて昨日の話。新しい中国人のお友達。釣りが大好きだというH君。

コイとフナが釣れて、それを食べるというので、H君の家に行ってきました。
コイとフナ。
「ホントニタベタコトナイノ!?クサクナイヨーオイシヨー!」と言われるもののなかなか勇気のいる訪問。

解体の様子から観察しました。まずベランダから洗濯を干すときに使うあのランドリーバスケットをとってきてその中にコイとフナを放流。
そして生きたままのを100均で買ったというハサミで渾身の力を込めて解体していました。

コイにはくさい神経があってそれを抜けば、「クサクナイヨー!」とのことでした。するすると器用に神経を抜くH君。

一連の作業を終えると「ミズステテクルネー」と言って、臓器やウロコの浮くバスケットを持ち出したその先はなんと便器。
「ソヨー、トイレヨー。ナンデトイレツカワナイー?」
確かに。あまりに合理的かつナチュラルすぎる行為に度肝を抜かれると同時に、やけに納得。

浮き袋(臓器の一種)は「ア!コレハナガレナイネー」といって再び便器から拾っていました。

フナはスープに。コイは四川風に煮てくれました。抵抗のあった川魚でしたが、大丈夫。くさくなくて、おいしかったです。

IMG_9846 フナのスープ。一度素揚げしたものを生姜と煮ただけ。フナのエキスで白いスープになる。とても滋養があるんだって。
IMG_9853 コイの四川風。辛いけどおいしい。たっぷりの野菜と煮てくれました。

中国人はすごいと思う。まず洗濯物とフナ・コイを入れる容器が同じであること。生ごみはいたって自然に便器に流すということ。そして釣った魚は食べるところまで含めての釣りだということ。
魚が入るのであれば何でもよい(容器)、流れるのであれば流してしまえばよい(臓器)、食べられるのだから食べるのが当然(魚)。なんて気持ちのよい生活流儀でしょうか。

魚を採って食べる。本来イキモノとして当たり前すぎることなんだけど、スーパーで買った魚しか食べなくなって久しい日本人に、ああどこのどんな魚だろうとそれは食料なのだった!とイキモノ力を再認識させてくれました。

でもみなさん、便器に内臓を流さないでくださいね。詰まってしまいますから。

筑波大学周辺でお部屋を借りるなら、柿本ハウジング!


家シリーズ2 『TOKYO STYLE』



こんにちは。
筑波大学周辺のお部屋さがしでお馴染み、柿本ハウジングでございます。

今日も暑い。暑くなるとカレーが食べたくなります。こないだからカレーのことばかり考えていました。今日は家に帰ったらキーマカレーをつくることを決めています。豆入りにしたいので、もうヒヨコ豆を浸水させてあります。今日の夜が楽しみ。

さて、先日はイームズ邸を紹介しました。あまりに高嶺の花すぎる物件(物件と言ってはいけない。建築。)なので、今日は等身大の家々を紹介したいと思います。

皆さんは、都築響一さんをご存知でしょうか。
もともと雑誌『ポパイ』『ブルータス』などの編集を手がけていた方ですが、ライターで、その書くものといえば、日本各地の珍スポット(今でこそ市民権を得てTVでも垂れ流されてはいますがきっと当時はホントに珍。)やら、秘宝館、場末のスナック、ラブホテル、果ては風変わりな老人まで…ディープでドープ、かつ、ちょっとマッドなおじさんです。

そんな都築さんが1993年に出した『TOKYO STYLE』という写真集があります。
それは、こんな本。↓↓

“豪華な写真集や分厚い雑誌に出てくるようなインテリアに、いったい僕らのうちの何人が暮らしているのだろう。でも小さい部屋にごちゃごちゃと気持ち良く暮らしている人間ならたくさん知っている。マスコミが垂れ流す美しき日本空間のイメージで、なにも知らない外国人を騙すのはもうやめにしよう。僕らが実際に住み、生活する本当の「トウキョウ・スタイル」はこんなものだ!”

と、こうした東京のなんでもない居住空間のスナップです。

tokyostyle5 この肩肘張らない感。
この秩序あるごちゃごちゃ感。 tokyostyle2
tokyostyle4 この住み慣れた我が家感。
この狭いながらも楽しい我が家感! tokyostyle3

賃貸で、狭くて、ぼろくて、日当たり悪くて、風呂なくても、自分で気持ちのよい住まいは作れるんだ、というより、気持ちのよい住まいは自ら築城していくんだという強いメッセージを感じませんか。

築浅の風呂ピカに、この「年季の美」は到底作れまい。
さあ、あなたのぼろいと思っていたそのお部屋はどうですか。その部屋にこれまで住んできた先輩方に感謝しながら今日もまた歴史を刻み、復元可能な程度に部屋を楽しみ『TSUKUBA STYLE』を作ってください。

筑波大学周辺でのお部屋探しなら、柿本ハウジング!